デスクワーク

家具屋と言えど、ずっと家具を作っていれる訳ではありません。

本日はデスクワーク。提案図面を描いていました。

パソコンの前に1日いると家具が作りたくて、ウズウズします。

日誌

本日は事務所でデスクワーク。

見積り、12月に製作に入る家具の製図のお仕事を頂きました。

片付いたのが、19時過ぎ‥



テレビボードの下塗りまで進めました。









オーダーメイド/オリジナル家具制作/家具修理 
stag [スタッグ] 
〒636-0235 奈良県磯城郡田原本町東井上308番
Fax 0744-33-7040  携帯 090-6815-0962(ウエダ) 
e-mail stag.furniture.store@gmail.com
hp http://stag-furniture.com


 

機械の整備

家具を作っていますと、どうしても端の余り材が出てしまいます。
その余り材で何かを作ろうと、頭をひねっておりました。

ぼんやりと完成イメージが浮かんできた物を作ろうと、図面にとりかかりましたが、
つじつまが合わなくなってしまい一旦保留に。

作業場を使いやすくしようと、気になっていた機械の整備に取りかかりました。

ルーターマシンと、木工旋盤に以前作った部材を切ったり、組み立てたり。





上の写真がルーターマシン:回転する刃物で溝を掘るのに主にしようします。いつもは定規を万力で二カ所止めて固定していましたが、寸法だしが煩わしく白い自作テーブルを取付ました。ノブで定規の固定ができるので、位置決めが飛躍的によくなりました。

下の写真が木工旋盤:木を固定して刃物を当てて、木を削る機械です。回転しているので、削られたものは丸く加工されます。
今回作った棚のような物は、丸棒を同じ太さに削る装置です。テーブルのように複数本同じ脚が必要な場合力を発揮してくれる事でしょう。

なんのこっちゃって感じですね。

機械の整備中も、余り材で作る家具があたまの中をぐるぐる
パソコンの前で考えているよりも、作業をしている時の方が閃くんですよね。

そう閃きました!!

さーて今から図面描いちゃいましょーかね。

 
オーダーメイド/オリジナル家具制作/家具修理 
stag [スタッグ] 
〒636-0235 奈良県磯城郡田原本町東井上308番
Fax 0744-33-7040  携帯 090-6815-0962(ウエダ) 
e-mail stag.furniture.store@gmail.com
hp http://stag-furniture.com
 

突板化粧合板

突板化粧合板サンプルの製作

はじめに突板化粧合板とは:木を薄くスライスした突板(ツキイタ)を基材(ベニヤ板)に貼り付けた意匠素材

この素材のメリットは、突板化粧板自体はそんなに安くもない素材ですが、無垢材で作るより価格を抑える事ができます。
特に写真奥の茶色の板は、チークという木で無垢材は1m×1m×1m=1立方メートルでなんと100万円もする材料なんです。
あと無垢材では表現しきれない木目をデザインすることができます。樹種、貼り方、木目組み合わせは無限です。
同じ樹種で貼っても全然見え方が変わるので、とっても面白い素材です。

ちなみに写真奥:チーク板目ブックマッチ貼り
手前左:ホワイトオーク柾目スリップ貼り
手前右:バーチランダムマッチ貼り



突板化粧合板と、無垢材やらを組み合わせて作るとこんな感じに仕上がります。



今日はこんなところで。
 

オーダーメイド/オリジナル家具制作/家具修理 
stag [スタッグ] 
〒636-0235 奈良県磯城郡田原本町東井上308番
Fax 0744-33-7040  携帯 090-6815-0962(ウエダ) 
e-mail stag.furniture.store@gmail.com
hp http://stag-furniture.com

お問い合わせは、お電話、メール、ファックスにて承っております。
個人のお客様、業者様、お気軽にお問い合わせください。 
 


 

1周年

工場を借り、今日で丸1年

少し振り返ってみよう



コンテナの上に潜り込んで、ベニヤを貼って


床を白く塗ってから、機械を運んで、据えて


ギャラリーを作りたいと、壁を作って。


ギャラリー(コンテナ内部)を仕上げて


事務所スペースも


アスファルトでは仕事にならないので、床を上げたり


冬目前にして、シャッター内部に壁なんかも


看板もお手製

そんなこんなで


工場らしくなってきました。

ありがとうございます。

2年目も突っ走ろうと思います。


-- stag furniture -- 




研ぎ


最近使っているチークと言う木材は

北欧家具などにも使われている銘木です

強靭で堅く耐久性にとみ、害虫、水に強く

家具材の中でも最高級グレードです


ただこの材料を削ると、刃がすぐなくなり、なおかつ

チーク特有の油分と切り屑が刃にべっとり

刃が切れないと、作業も捗らず、危険

てなわけで1時間ちょいかけて研ぎました


なれない割にはまずまずの切れ味




Life Work


| 椅子の試作中 |


じっくり考えろ。
しかし行動する時が来たなら、考えるのをやめて、進め。

今がその時。

atelier 6

壁も造り終わり、塗装作業に入りました。

まずは下地作りから。ジョイント部分をパテで埋めます。


乾いたらペーパーで削り、段差をなくします。

そして塗装。


塗って、塗って、ひたすら塗って。


画像ではさほど目立ちませんが、実際はボコボコと波打て見えます。

パテの回数を省いたのと、塗料をツヤ有の物を選んだのが原因です。
さほど気にしていませんが、何でも下地が大事だと思い知らされました。


そしてコンセント、スイッチプレートの取付。


本当はエッジのたったプレートを見つけていましたが、
懐が寂しく、汎用品で我慢しました。

縦に付けられる事が多いスイッチも、横向きに付けるだけで、なんかいい感じです。



もう少しです‥‥

atelier 5

 あまり進めれてなかった事をすこしづつ

前々からコンテナの内部を仕上げてshop & galleryにしています
奥行き12m 幅2.3m 高さ2.4mの空間です
長い一面、短い一面、天井はコンテナの鉄板を白く塗装
床はコンパネをカットして、ヘリンボーン貼り
長いもう一面は壁を新設

短い一面に小壁、ガラス開口の製作に入りました


この一面はコンテナの開口部分で、唯一採光、風のとれる部分です

陰の落ち方、使い勝手、景色、空間バランスなどいろいろ考え

この形に落ち着きました

光も風も入り気持ちのいい場所になりそうです














New mail address

今までハードに使っていたg-mailのアドレスを変更しました。

名刺にも載せているので、できるだけ我慢しましたが、もう限界です。

New mail address [ stag.furniture.store@gmail.com ]

HP記載の [ info@stag-furniture.com ]

いつでもご連絡お待ちしております。