<< 神棚 | main | 黒柿 >>

製作から見つめ直す



8月に製作させて頂きました家具の一部です。



欅ベンチ


杉座卓


モンキーポッド サイドテーブル


今までは図面に基づき、材料を計算して手配し、図面の通りに作る、この流れで製作していました


今回は材料をみて何を作ろうかと、手を動かし考えながら製作するスタイルでした

これがえらく面白く、「あんなんもいいな、こんなんできんちゃう」みたいな感じで楽しく製作できました。

技術的に未熟な部分も見え、丸脚を旋盤で加工するスピンドルターニングや、金属の加工

穫入れたい素材として樹脂、タイル、籐、ガラスなど学ぶべき分野の多さに、わくわくが止まりません!!


8月の製作を通して、自分の製作スタイルが少し見えた気がしました。

芯にあるのは家具屋に転職した時と何にも変わっていません。
その時は「家具を作れるようになりたい。」

今は「溶接できるようになりたい」「樹脂造形できるようになりたい」「旋盤うまくなりたい」
「陶芸したい」「吹きガラスしたい」「籐編みできるようになりたい」

技術への探究心がおそらく自分の原動力なんでしょう。

これからは仕事とは別に、表現活動ができればいいなと考えています。


製作を依頼して頂き、考えるきっかけを与えて下さいました、徳田銘木様ありがとうございました。
これからも宜しくお願い致します。



 
コメント
コメントする