<< ウレタン塗装 | main | テレビボードの改造 >>

機械の整備

家具を作っていますと、どうしても端の余り材が出てしまいます。
その余り材で何かを作ろうと、頭をひねっておりました。

ぼんやりと完成イメージが浮かんできた物を作ろうと、図面にとりかかりましたが、
つじつまが合わなくなってしまい一旦保留に。

作業場を使いやすくしようと、気になっていた機械の整備に取りかかりました。

ルーターマシンと、木工旋盤に以前作った部材を切ったり、組み立てたり。





上の写真がルーターマシン:回転する刃物で溝を掘るのに主にしようします。いつもは定規を万力で二カ所止めて固定していましたが、寸法だしが煩わしく白い自作テーブルを取付ました。ノブで定規の固定ができるので、位置決めが飛躍的によくなりました。

下の写真が木工旋盤:木を固定して刃物を当てて、木を削る機械です。回転しているので、削られたものは丸く加工されます。
今回作った棚のような物は、丸棒を同じ太さに削る装置です。テーブルのように複数本同じ脚が必要な場合力を発揮してくれる事でしょう。

なんのこっちゃって感じですね。

機械の整備中も、余り材で作る家具があたまの中をぐるぐる
パソコンの前で考えているよりも、作業をしている時の方が閃くんですよね。

そう閃きました!!

さーて今から図面描いちゃいましょーかね。

 
オーダーメイド/オリジナル家具制作/家具修理 
stag [スタッグ] 
〒636-0235 奈良県磯城郡田原本町東井上308番
Fax 0744-33-7040  携帯 090-6815-0962(ウエダ) 
e-mail stag.furniture.store@gmail.com
hp http://stag-furniture.com
 
コメント
コメントする