<< うれしいことに‥‥ | main | new >>

修復師

『壊れたら捨てる』
物との関わりが希薄となっている現代
最近はじめた修復の仕事
学ぶべき点だらけである

修復の技術もさる事ながら、家具に対する本質的な部分を思い出せた

メンテナンスされる前の埃がのった家具達は、少しうつむき加減に見える。
綺麗に掃除し、オイルを塗り、ワックスをかけて上げると、
胸をはって堂々と立っている様。

家具も、この家具を作った人もとても嬉しいだろう。
何十年と経って、また役目を与えてもらえる事に喜び以外何もないと思う。

家具の作り手として、修復して使ってもらえる様な、より良い物作りに励まなければ
修復という仕事を通し、家具への思いがいっそう高まった


コメント
コメントする