<< RUGGED STYLE 2 | main | 修理DAY >>

RUGGED STYLE 3

少しづつですが、作業は進み…

パネルを組み立てて↓


見える面を仕上げていきます↓


棚板、扉をカットし、小口を仕上げます。扉は表面材と同じものを、棚板は楢無垢材を粗く製材したものを貼り付けました↓


棚板の加工を終えて設置↓


扉の吊り込み↓


残すは引出しと、脚です。

手作業で作った家具には、大量生産品との違いがあると思います。何度もパネルに触れ、磨き、削り…その度に大袈裟ですが、魂がこもってくる様に思うのです。作り手の意図や思いを考えながら、家具選ばれると、また違った楽しみにつながるのではと…頭の中の話でした。

stag HP http://stag-furniture.com
コメント
コメントする